競争は資本主義の原理ではない

競争は資本主義の原理ではない、自由が資本主義の原理なのだ。

このブログで言いたいことを3行で書く。

1、競争は資本主義の原理ではない。

2、自由が資本主義の原理なのだ。

3、自由には責任とルールが伴うものである。

 

以上である。以下具体的に、書いていきます。

まず、自由競争が資本主義の原理であると思っていると思いますが、私は違うと思います。自由は合っていますが、「競争」という言葉を入れる必要はありません。「競争」をすると、その結果、淘汰が生じて必然的に競争ではなくなります。また、実際の企業の経済活動を見て、あなたが「競争」だと思っていることは、実は「競争」ではなく「自由」といった方が、適切であることに気づいてください。そういう視点で見ていただかないと、このブログで書いている内容を理解することはできません。

 

例えば、Googleは競争しているでしょうか?

AppleAmazonと競争していると考える人が多いと思います。でも、この3社は競争しているといえますか?正確に言えば、競争にならないと思いませんか?この3社は競争する必要ありますか?iPhoneAndroidで携帯のOSのシェア争いをしていると答える人がいると思いますが、このブログで言いたいのは、それが競争だと思っているのは間違いであるということを言いたいのです。GoogleAppleもOSのシェア争いなんて、どうでもいると思います。単にいい製品を作りたい。自分が欲しい製品を作りたいと思っているんです。だから、競争をすることが目的なのではなく、自由に開発して製品化して商品にしたいという目的で企業活動をしているだけです。

このブログで書いていきたいことはこのようなことです。そして、それらの結果を集めていけば、競争が大切なのではなく、自由なことが大切なのだと主張したいだけです。

 

競争ではないことを競争、競争と考えている世の中に、それは違うと言いたいのです。先に言うと、競争が必要なのはプレイヤー全体の上位2割に対してだけでいいのです。